FC2ブログ
2018 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2018 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
海士乃塩の良さって・・・。
- 2013/01/22(Tue) -
【海士乃塩】って知っていますか?

Dsc00579_convert_20110920184007.jpg


皆様は購入して、または頂いて食べたことがありますでしょうか。

私の実家には海士乃塩しかありません。

台所の調味料スペースには常に仲良く「海士乃塩」と「サランオキ」が並んでいるわけです。

そうなったのは、私が製造している会社で勤めているからでもなく、母が元役場の職員だからでもなく、ただ単純に母親が海士乃塩を大変気に入ってしまったから!

結構いいお値段するのです。もちろんそれには理由があるわけですが。

海士乃塩が出来るまで




我が家から「市販の塩」が姿を消して約7年。


仕事柄、お客様に尋ねられるのです「普通の市販の塩とはどう違うの?」と。


困りますお客様。私、正直違いがわからなくなってきてます・・・。


なぜなら約7年間、ほとんど海士乃塩しか口にしてないのですから。


分かることといえば、美味しい魚をより美味しく感じるようになったこと。


そして「どんな料理に使うか」とか「合うか」とかいうことではなくて、自然に寄りそった製法で、できる限り人の手で作られている海士乃塩は、自然に寄りそって生活してきた人間に、つまり「人に合う塩」なんだと感じたことです。


まぁ、あくまで個人の感想ですが。
スポンサーサイト
この記事のURL | 海士乃塩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
海士乃塩100g・200g登場
- 2010/02/20(Sat) -
海士乃塩の100gタイプと200gタイプの販売を開始しました。

海士乃塩100g
海士乃塩200g


ラミジップになって保存しやすくなりました。
まずは一度使ってみようかなぁ・・って方は100gを購入してみてはどうでしょう。

気に入っていただければ200g・1kgとご愛用調味料の一つになっていただければ嬉しいです。

ちなみに我が家はオール海士乃塩でございます。
家にある塩は全て海士乃塩。そしてもちろんSaiann Oki(サランオキ)もあります。

この海士乃塩はこだわりの塩。

何が??

機械は一切使わない自然に寄り添った【手仕事】によるもの。


そしてその手仕事にこだわりを持って作業する【人】。


私も大好きな海士の【海】。


そして作られたこの【海士乃塩】。


いろんな美味しいものを育ててくれるこの海。
そんな海の水から作られる海士乃塩。



島の海で獲れた魚を海士乃塩で塩焼きにして食べる。



まさに全てをこの島の海に、そして人にいただいて食す。


この先もずっと島には欠かせないものであってほしいと思います。




この記事のURL | 海士乃塩 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。