2018 01 ≪  02月 12345678910111213141516171819202122232425262728  ≫ 2018 03
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
お中元は「島風生活。」で!
- 2012/06/27(Wed) -
いやぁ~、良い天気です!

梅雨だというのに雨の日が少なく、良い天気が続いております。

過ごすのには良いですが、田んぼや畑で農作物を作っている私としてはちょっと心配。

夕方ぐらいに短時間でもザーッと降っていただけるとありがたいのですが・・・。



さて、6月ももうすぐ終わりますが「お中元」の準備はお済でしょうか。

島風生活では、島の幸を旬感凍結した島風便商品を詰め合わせた「島風生活のお中元ギフト」のご注文を承っております。

例えばですねぇ・・・コレ!

極上白いか

贈られた方に喜ばれる事間違いなし!

新鮮さは大前提ですが、なんと言っても手間いらず!!
朝どれ白いかお造りは、身はカット済みでゲソは湯引きがしてあるので解凍して盛り付けるだけで白いかお造りが食べられます。

白いか島風干しは、柔らかくなる程度まで自然解凍して、軽く火で炙れば出来上がり。

その柔らかさと甘味とほんのり塩味の絶妙なバランスが病みつきになる美味しさです!

実際の商品はこんな感じ。

極上白いか:商品

もちろんお中元熨斗もギフト包装もさせて頂きます。
その他、看板商品のいわがきや大人気のフライ・コロッケ、しゃきしゃき漬けなどのギフトもありますよー。

ご注文いただいた商品は、遠く離れた離島より船に乗せ、海を越えてお届けいたします。是非ご利用ください。



スポンサーサイト
この記事のURL | 島風生活な物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
発見!懐かしの味「かき餅」
- 2012/03/08(Thu) -
本日、しゃん山に登場していた新商品を発見!!

ふるさと海士公式ブログ【海士町経済新聞】で最近登場している「カキモチ」

そのカキモチを油で揚げた『揚げかき餅』がありました。

かきもち(塩)
焼いたものとはまた違った食感。
ふわふわサクサクといった感じでしょうか。
もちろん、素材となるもち米は海士町産100%。


保存料などの添加物は一切使っておりません!


しかも3種類の味を販売しておりました。
かきもち
『塩』、『醤油』、『砂糖』。

どれも美味しいのですが、私個人的には『塩』が一番好きです。

販売は一時的??

今後販売を続けるならまた買いたいと思うくらい美味しかったぁ。

小さい頃おじいちゃんの家のストーブの上で焼いて食べた懐かしい記憶がよみがえりました。

今夜はこいつでビールをいただきます!!





この記事のURL | 島風生活な物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ご注文増加中!隠岐・海士町ブランド4点セット
- 2011/09/20(Tue) -
この時期多いですね、台風。

島はどんよりとした厚い雲が空を覆って雨が降っております。

これも台風の影響ですね。
NEC_0126.jpg


海士町漁協の直売所「大漁」の店長Hくん、屋久島に行って来たとのことですが大丈夫だったようです。

無事でなによりです。

さて、本日のブログは隠岐・海士町ブランド4点セットについてです。

ここ最近ご注文増加中の海士町ブランド4点セットは、いわがき春香朝どれ白いかお刺身用幻の隠岐牛(焼肉用)海士乃塩で構成され、島自慢の産品が詰まった究極セットです。

buranndo4.jpg

CAS凍結をした幻の隠岐牛を買うことができるのは島風生活だけです。

賞味期限は出庫後30日ですので、30日以内の「ここだ!」という食べたい時に解凍して食べることが出来ます。

しかもCAS凍結ですので解凍後も鮮度そのまま。

幻の隠岐牛はセットだけではなく、焼肉用すきやきしゃぶしゃぶ用サーロインステーキと単品での販売もしています。

甘みのある脂が特徴の隠岐牛は美味しすぎてうなりますよ~。


そして「朝どれ白いかお刺身用」はとても便利で美味しい島風生活定番商品です。

この透明感!
F1000113_convert_20110917151959.jpg

透き通って手が見えます。※薄いからではありませんよ。

解凍はパックのまま水につけてわずか数分、あとはカットするだけ!


このセットはまだまだ美味しい商品が入っています。

海士町が誇るブランド牡蠣「いわがき春香」。

春香

島風生活で一番売れている超定番商品です。

この「いわがき春香」は、国内には類がない外洋養殖により、厳しい安全基準のもとで生産から徹底した管理を行い、美味しくて安心安全な岩がきとして「美味しまね認証」を取得。島根県知事からお墨付きを頂いているんです。

また、全国の飲食店などにもお取り扱いいただいているなど、まさに海士町を代表する海産物のひとつです。

CAS凍結された岩がきは、パックのまま流水で解凍してください。もちろん生食用です。

最後の4点目はこれ!

海士乃塩

Dsc00579_convert_20110920184007.jpg

手仕事によって作られる島自慢の塩です。

平釜に薪をくべること約12時間。

丹念に撹拌をくり返しながら海士乃塩は出来上がります。

出来上がった海士乃塩は天日干しによって乾燥され、完成となります。

機械を使わず、手間ひまかけて作られた海士乃塩は、島外はもちろん、島内での愛用者もかなり多いです。

我が家も母親が海士乃塩の大ファン。今では海士乃塩以外の塩は家にありません。※本当です


このように、生産者である島の人の想いが詰まった隠岐・海士町ブランド4点セットは今、沢山のご注文をいただき全国にお届けしています。
この記事のURL | 島風生活な物 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
島にはまだまだ美味しい物が沢山です。
- 2011/06/08(Wed) -
先日、米作りの仲間と師匠のO課長とで海士のオーシャンビューレストラン「亀乃」に行き、食事をした時の事。

メニューにはありませんが大将のはからいで出していただきました。

島でもなかなか手に入らなくなった島のごっつぉ「にいな」です。

しかもけっこうデカイ!

にいな

「にいな」とも「にな」とも「にーな」とも呼ばれるこの貝は、比較的浅瀬の岩場などに生息しています。
この「にいな」などの呼び名は、巻貝を差す言葉で、漢字で「蜷」と書きます。

古典での「にいな」は、淡水に棲息するカワニナなどの巻貝のことであり、それが現在では、海の貝であるニシキウズガイ科の貝に対して「にいな」の呼び名が使用されています。

一般には、バテイラ、クボガイ、イボニシ、等をそう呼ぶようです。

調理は簡単。茹でるだけ。

まち針で身をクルクルと出して食べます。


また、身をクルクルと取り出しまくって島のスタンダード「こじょうゆ味噌」で炒めてご飯にのせて細ネギをちらして食べると、これまた絶品です。
965310.jpg

「にいな」は、お取り寄せで購入も可能ですし地域によってはスーパーの鮮魚コーナーなどで販売しているところもあるようです。

見かけた際には買ってお試しください。


そして、しばらくの間品切れで製造中だった「こじょうゆ味噌」ですが、やっと熟成期間を終え、販売再開のメドがたちました。

NEC_0470_convert_20110609114511.jpg


内容量やパッケージ、価格も新たに近日(来週中??)販売再開の予定です。

販売再開の際には是非お買い求めくださいませ。


一足先に出来たばかりのこじょうゆ味噌を試食させて頂きましたが・・・・やっぱり美味い!!


個人的にですが、今週末にでも、家の冷凍庫にストックしてある白いか島風干しに自家製こじょうゆ味噌をつけてお酒を飲みたいと思っております。といいつつ、上の画像を見て「にいな」に心が傾きかけています・・・。
どちらもホントに美味しくてたまらない島のごっつぉなのです。
この記事のURL | 島風生活な物 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ついにゴーサインか!?
- 2011/04/25(Mon) -
先々週に満開だった桜の花もほとんどなくなり、気温も少しずつ高くなって春だなぁと感じる日が続いていましたが、昨夜の天気にはビックリ!

雨が降ると同時に雷が鳴り始め、最終的には霰(あられ)。というより雹(ひょう)だったような気がします・・。

ちなみに・・・【雹(ひょう)とは、積乱雲から降る直径5mm以上の氷の粒のこと。直径5mm未満のものは霰と呼ばれ区別される。】

私たちのようにこの島で育った人にとっては、急に天気が変わる事なんて普通ですが、島外から来られたお客様や島に住んで間もないIターンの方はビックリされます。

確かに夕方まで良い天気でしたが、日が暮れると一変しました。

島の天気は変わりやすいのです。



さて、島風生活でも大人気で、サクサク・ジューシーがたまらない


リーピート率激高の「アジフライ」


が3月から品切れとなっておりまして・・・・申し訳ございません。

あじフライ

きっとアノ方も、そしてアノ方も再販をお待ちなんだろうなぁ・・・。と思い浮かぶ島風生活者のお名前が沢山・・・。

申し訳ないなぁ・・・・。


しかし!!

先週ついに出ました。あのゴーサインか!?

奥田GMの厳しい鯵チェック後「よし、いける!」の連絡。

ついに、鯵の入荷を始めるようです!

海士の鯵

本日は、「沢山の飲食店や通販会社がアジフライを待っている!!」と営業部M部長も自ら仕入れに同行。そして厳しい目で選定。

本日は45キロ程の入荷だったようです。

しかしまだ始まったばかり。


皆様、アジフライの再販までもう少しお待ちくださいませ。


5月某日再販か!?


要チェックです!!


この記事のURL | 島風生活な物 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。