2010 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2010 10
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
白いか!そして・・・やはり白いか!!
- 2010/09/22(Wed) -
ここのところ昼間はやはり暑いですが8月の猛暑と比べると、やっと朝晩は涼しくなり少しだけ秋らしくなってきていますよね。

とはいっても蝉の鳴き声や今週末の最高気温予想は30度など、まだまだ夏の色が濃く残っています。



そんななか、CAS凍結センターでは、何度もお伝えしていますが「白いか祭り」です。

わっしょいわっしょいと聞こえてきそうなくらい大量の新鮮な「朝どれ白いか」。
IMG_0854_convert_20100908121648.jpg


ふるさと海士公式ブログで奥田GMが紹介していましたが連日総動員でフル回転です。


白いかにとってのCAS凍結センターの入り口となるプラットホームで、毎朝受入れ体制万全の奥田GM、グレコ(?)の二朗、ハマちゃん、そして、白いか集荷の為毎日早起きのK君が汗だくで作業し素早く水産下処理室へ。
プラットホーム

いか箱洗い




そして水産下処理室に運ばれた鮮度抜群の大量の朝どれ白いかは、イカスミ防止ゴーグルを着用で万全の体制の、身長180センチを超える営業部長Mさんを中心に滅菌海水で素早く洗浄され、「姫春香がイチオシ」でお馴染み(?)のM野さん他、CAS凍結センターでの作業の大黒柱「島が誇る漁師の女将さん達」によって捌かれたりトレイに並べられた白いかは、いよいよCAS凍結されます。




そして、CAS凍結庫の前で待ち構えるのは工場長のS原くんとイケメンA部くん。

工場長は自ら作業しながらも周りの人にも気を配り、作業の指示。

彼の大きな声が長時間途切れることはありません。

そして工場長を補佐し、その指示を的確に遂行する(?)イケメンA部くん。

ここが作業する場所では一番寒い。凍えます・・・。

この2人によってCAS凍結された白いかは真空室へ。




真空室では経理部長Fさんが正確かつ素早く真空パック。

複数の真空機を使っての作業や凍結された白いかの入ったコンテナを運んだり上げ下ろしなどもあるため運動量が多く、体力ををつかう作業です。

この作業をすれば体重が減る(F部長談)。



そして私の役目はここからの作業。


CAS凍結・真空パックまで終えた白いかが最後に運ばれるのは梱包室。

金属探知機により異物がないかチェック。そして正確な重量も再度チェック。

それをクリアした白いかはサイズごとに決められた本数だけ箱に梱包。
※この箱です↓(F部長作)
いか段


そして冷凍保管庫へ運びます。

1箱の重さは約20キロ。何十箱と運ぶとさすがに翌日は体が痛いっす。

そして保管された商品はお客様からのご注文時に保管庫から出され発送そしてお届けとなるわけです。

島風テープ

作業は夜遅くまでかかる事もあります。



白いかがやってくるか」とか「いなくなるか」とか、何となく予想は出来ても正確にはわからないんですよね。



なんといっても自然が相手ですので。



白いかが沢山獲れることは嬉しい事です。


連日の気の抜けない作業で、若いスタッフもさすがに疲れが溜まってきているようです。


そんな連日フル回転のCAS凍結センターの様子を聞いている、とある島人からの一言。




「疲れッだらぁけど、志だわい!!」



そうですね、頑張りましょう。そしてそのためにはしっかり休みましょう。


昨夜の時化で白いかの入荷は少なく本日の工場は小休止。


私的に、いっぱいいっぱいの作業の為、ほとんど作業の写真が撮れませんでした、すいません・・・。
スポンサーサイト
この記事のURL | 白いか | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。